クリーニング業者におまかせ|プロの仕上げに大満足!

洗濯

出張中の場合

男性

期間が長い方

出張先などでクリーニングを利用する方も多いでしょう。しかしそのような方は仕上げの方法を間違えてしまったと感じてしまう場合もあります。どのようにする事によって出張先でクリーニングを利用して良かったと感じる事ができるのでしょうか。多くの方は出張先でワイシャツやブラウス程度の物しかクリーニングに出さない傾向があります。出張先が終わった後に、自宅近くのクリーニング店にスーツを出す人が多いからです。つまりワイシャツやブラウスの部分だけを考えれば良いのです。長い期間出張に来ている方は、ハンガーにかかっている状態の仕上げを希望するようにしましょう。これで色などを選びやすくなり、すぐに着替える事ができるようになります。

期間が短い方

あまり長期ではない、または2、3日の出張の方は畳んである状態の仕上げを希望するようにしましょう。理由は荷物が少なくなるからです。ハンガーの仕上げにしてしまう事によって場所を多く取ってしまう事になります。それが原因でバックの中が一杯になってしまい、別のバックなどを持たなくてはならない状態になってしまう場合もあります。しかし畳みの仕上げの場合は、コンパクトになっているので他の荷物の邪魔をしてしまう事がありません。また持ってきた時と同じ程度の大きさになる事が多いです。このように期間によって仕上げの方法を変えてみるのも1つの手段になります。ワイシャツの枚数が極端に多い場合は長期でも短期でも畳みの仕上げにすると良いです。